ホームページへ行くにはこちらをクリックしてください↓

フォト

twitter

草野球

Dsc00858

 職場の草野球の今年度初練習会。野球楽しかった・・・。今年度の初戦は8月下旬だそうだ。今日の練習は風があったせいか、それほど暑くもなく、楽しくできました。初戦の前に練習試合も設定されるらしい。楽しみ。

SONY TX10

Dsc_00421

 また買ってしまった。今回は、SONYのTX10。防水機能がついているコンデジです。発売当初から興味があったのですが、TX7があるし、ということでしばらく様子見していました。というのもTX7用のマリンパックも買ってあるし、マリンパックで使えばプールでも海でも使えるので。しかし、HDのビデオを撮ったときには、マリンパックだと当然マイクは、パリンパックの中にあるわけで、音がこもってしまうのが不満でした。シュノーケリングやダイビングではいいのでしょうが、プールや釣りで使っているときは、会話がこもってしまってちょっと残念な結果に。防水の前モデルTX5は、ビデオがフルHDではないので、スルーしていました。フルHDでビデオを撮り、定期的にPCで編集をしているので、フルHDでの撮影は最低条件でした。そんなとき、マリンパックをつけなくても、防水で撮影でき、フルHD。まさに条件に一致していたのです。例えばボートや釣りの時も、あまり気にせず使用して、家に帰ってから、真水で塩抜きという使い方ができるんじゃないかなんて思ってました。今回、サマーランドに行ったときに、やはりTX10ほしいなぁと。せっかくのフルHDなのに音がこもってしまっていて・・・。で、ネットで調べてみると発売当初に比べれば値段もこなれてきたようで、27000円前後でした。今が買い時かな。近所のカメラのキタムラに行くと27800円の表示、店員に交渉すると、あと1000円なら引けるという話で、さらに、下取り1000円というシステムを利用。どんなに古いカメラでも最低1000円で下取りをしてくれるというシステム。これを使って、25800円で、価格comなどの最安値とほぼ同じ価格で買えました。 

Dsc_00391

 使ってみての感想です。ネットでいわれているように、ちょっと動作がもっさりというか遅い。撮影を始めようと思っても、ワンテンポ間があります。特に写真からビデオへ切り替えるときはかなり待たされます。しかし、TX7にはない防水、ビデオの風きり音低減などのメリットを考えると、自分の使い方にはマッチしているかな。次期モデルのレスポンスが良ければきっと買っちゃう気がしますが。今年は、プールや釣りで活躍してもらうつもりです。TX7は下取りで、と思っていたのですが、下取り価格が思いのほか安かったのと、マリンパック、パーティショットがあるのでやめにして、しばらく両方使ってみます。そうそう、TX10ではパーティーショットが使えません。パーティショットは、機械が勝手に、笑顔を検出して撮影してくれるというアイデアアクセサリ。撮影者がいなくても、自動的に写真がとれるというものです。底面にある端子で接続しますが、TX10には防水性能を重視した機種だからか、底面には端子がないので、使えないのです。あまりパーティーショットは活躍する機会がないので、どちらもオークションに出すかもしれませんが。

ノイシュヴァンシュタイン城

Dsc_0085

 今回は、紙工作ネタを。4月に紙工作のお弁当を紹介しましたhttp://tokubay.air-nifty.com/tokubay/2011/04/index.html が、今回はお城を作ったので紹介します。有名なノイシュヴァンシュタイン城。シンデレラ城のデザインにもなった、ドイツの名城です。ノイシュヴァンシュタイン城の中央の建物を作ってみました。材料は黄ボール紙、色は水彩絵の具と油性マジックで描きました。苦労したところは、円筒の部品を城の壁に貼り付けるところ。一応計算をして、線を引いたのですが、屋根の部分は斜めに切り込みを入れなくてはならなくなり、ちょっと苦労しました。前回のお弁当は、子どもがお弁当と言って喜んで遊んでいるうちにくしゃくしゃにされてしまいましたが、今回は、手の届かないテレビの上に飾っておきました。今度は、埃がたまると言われてしまいました。でも、紙工作楽しいですね。はまってしまいそう・・・。

NEX-5D動画

 NEX-C3がついに、というか予想通り発表されましたね。3Dよりも若干小さくなって、いろいろな機能がついて、マイナーチェンジというところか。動画は仕様が前よりも下がってしまいましたね。7Dとの差別化か?NEX-5Dのファームアップも来るみたいです。個人的には、C3は興味ありませんが。

 5Dの動画ですが、どうもかくかくするというか、ぱらぱら漫画風というか。フルHDとうたっているが、センサー30コマの書き出しなのだそうで。それを60コマにして帳尻をあわせているということで、ちょっとみられた動画ではありません。30コマを60にしているわけだから、単純に考えると同じ絵を2回使っているってことですね。レンズや被写界深度を使って、背景をぼかしたきれいな動画を撮れるかと期待していたのですが、ちょっと残念でした。これに比べて、コンデジのTX-7の動画は大画面で観ても、そんなことはなく、きれいに映っていました。カクカクを押さえるには、シャッタースピードを遅くするとよいのですが、動画撮影時はオートに設定される模様。つまり、晴天時は、NDフィルターなどの工夫がいるようです。シャッタースピードを遅くすると言うことは、一コマ一コマは、ぶれた状態で撮影すると言うことですね。一時停止ではぶれて写っていますがこれを動画としてつなげると、コマとコマのあいだがつながってみえるので、結果としてスムーズに見えるということです。それでも、TX-7で撮った動画の方がスムーズに動きます。大きな映像素子から、60コマを書き出すのには、技術的なハードルもあるらしく、ファームウエアのアップでは対応しなさそうです。

 マクロレンズも発売になるようで、こちらの方はおもしろそうです。

NEX-5Dアクセサリキット

NEX-5Dアクセサリーキット

 NEX用のアクセサリキットを買いました。このキットは、予備用のバッテリーにいくつかのおまけがついたものです。トータルで購入するのと比べると、ずっと安くなりますが、おまけが必要なかったらこのアクセサリキットは、あまり意味がないかもしれません。NEXのバッテリのもちはお世辞にもいいとはいえません。1日中使うことを考えるとちょっと不安です。安い互換バッテリもあり、評判もまずまずのようですが、やはり純正品の方が安心かなと思って純正品に。で、どうせ純正品を買うなら、キットをという感じです。amazonで7729円、バッテリ単体だと6470円なので、おまけは、1300円暗いという計算ですね。で、そのおまけですが、ストラップ、レンズカバーホルダー、ラッピングクロスの3点が入っています。本体についてくるストラップは、本当に安物という感じですが、こちらは、太めで型や首も痛くならず、快適です。レンズカバーホルダーは、レンズカバーを入れていくちょっとしたポシェットみたいなもので、いつもポケットに入れたり出したりしていたカバーをスマートにしまっておけます。そしてクロスですが、これは、風呂敷みたいなもので、角にゴムの輪がついています。本体をくるくるっと撒いてゴムで止めておく、簡易的なカバーです。モニターが指紋で汚れたときは、このクロスで服ときれいになります。やはりバッテリーは予備があった方がいいですね。バッテリーもかさばりますが、バッテリー切れを心配するよりはずーっといいです。

NEX-5D

NEX-5D

 ソニーのNEX-5Dを買いました。一眼レフは、銀塩の頃からEOSでシステムを組んで、レンズなどもそろえているので、αシリーズには興味なかったのですが、こちらのNEXシリーズはいわゆるミラーレスで小さい。軽い。もちろんEOSに比べてですが。娘と散歩に行ったり、公園に行ったりするときは、EOSでは、大きすぎて・・・(現在はEOS20D) 、で結局コンデジ(現在はサイバーショットのTX-7です)の出動率高くなっちゃうんですよね。旅行などのイベントの時は、気合いを入れてEOSなんですが。でもやはりコンデジの写真は、一眼で撮った写真にはかなわないですよね。でも重い・・・。そこでこのNEXです。まず、コンデジとはセンサーの大きさが違う。被写界深度が違うのできれいなボケ味が出せる。つまり、コンデジに比べたらその表現力はかなり大きくなります。ちょうど、TX-7とEOSの間を埋める存在になりそうです。でも、もう次のNEX-7(?)の噂が出ているんですね。今しかとれない写真がいっぱいあるし、どんどん撮って楽しもうと思います。

 今日は、NEX-5を持って小金井公園に行ってきました。ダブルレンズのキットを購入したのですが、パンケーキレンズと言われている単焦点の広角レンズをつけるとさらにサイズが小さくなってお散歩カメラという感じになります。最初このパンケーキをつけていたのですが、やはり寄りたいときや背景をぼかしたいときはズームの方がいいですね。ちょっと大きくなりますけど。下の写真は、パンケーキで撮ったものです。

Dsc00013

 後半はズームレンズで撮影しました。ズームではボケをいかして撮影するのが楽しいですね。

Dsc00024

 今日一日遊んでみての感想ですが、操作ボタンが省略されていて、ほとんどのがメニューの下に入っています。メニューボタンを押してメニューを呼び出してから、ダイヤルで選んで操作。って感じで、これがちょっと使いづらかったです。昔のビデオカメラは、よく使う機能はボタンでショートカットできましたが、最近のビデオカメラもこのメニューをたどっていく方式ですね。これと同じ考えなのかな。ビデオはAVCHDで撮影できるのですが、ちょっとピントが合わないことが多かった感じ。絞りを絞って撮影をした方がよさそう。ビデオはやはり専用機の方が性能いいですね。でも、TX-7もそうですが、写真撮りながらAVCHDのハイビジョンで手軽にとれるのはいいです。ビデオの編集もよくやるのですが、撮影したデータがないと編集もできないですもんね。たくさん撮って、編集で調整、家族の記録ビデオだから、これでOKです。全体としては満足。何しろこの大きさで一眼クオリティの写真が撮れるんですから。

紙工作、シウマイ弁当

工作2
紙工作です。折り紙、色画用紙、黄ボール紙で作りました。お弁当の工作作り。何にしようかなって考えてて、醤油入れと割り箸を見ていたら、なんか、シウマイ弁当が作りたくなって作ってみました。包装紙は、ネットで崎陽軒のページをみて、水彩絵の具で描いてみました。なんかちょっとおいしそうでしょ?シウマイは紙で具を作ってから、薄めの白い紙で包んでみました。ご飯をだんだんにしてごまをつけるところがちょっと難しかったです。でも、楽しかった。ちなみに崎陽軒のお弁当はシューマイではなくシウマイ弁当。で、包装紙はウマイのところに円がかかるようにデザインされているんだって。シ・ウマイ弁当ってことですな。あー本物シウマイが食べたくなった。

YF21

Dsc00536

 YF21に乗り換えることにしました。今日は、保険やオプションについて、細かい部分について打ち合わせです。納艇は、7月3日の予定になりました。電動マリントイレを取り付けることにしました。現在ついている魚探がちょっと古いので不満なのですが、これはこの後考えていきます。今NEOにつけているフルノの魚探を付け替えられるかな・・・。楽しみです。

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログランキングに参加しています。クリックして下さい↓

follow me


  • Twitterボタン
無料ブログはココログ